極上の空戦ファンタジー作品 『コロウの空戦日記』を紹介させていただきます。

ラノベ紹介

皆さんこんにちは、リュウです。
今回はGA文庫様より『コロウの空戦日記』について書かせていただきます。

『コロウの空戦日記』ってどんな作品?

『コロウの空戦日記』は著者「山藤豪太やまとうごうた」、イラストレーター「つくぐ」で贈られる、空戦ファンタジー作品です。
第13回GA文庫大賞では《銀賞》を受賞しました。

著者の山藤先生はこの作品でデビューされた作家さんです。

イラストレーターのつくぐ先生は他にも、ガガガ文庫様より発売されている『サンタクロースを殺した。そして、キスをした。』や、アース・スターノベル様より発売されている『葉隠桜は嘆かない』などの作品のイラストも担当されています。
※書影をタップすればBookwalkerさんのページに飛ぶことができます。

この作品について紹介している記事はこちら⇒『サンタクロースを殺した。そして、キスをした。』を紹介させていただきます。

用語解説

第3次コル戦争

コクト国とルシュウ国の間で起こっている戦争。
現状コクト国が負けるのは必至。

コクト国

敏腕政治家であるギガマツのもと、発展を遂げてきた国家。
だがしかし、彼のあとを継いだ息子ツラマの失敗により終わりのない戦争へ突入する。

メインキャラを4文でサクッと紹介

コロウ

本作の主人公で、コクト国の少女兵。
とある理由から「空で死にたい」と願っている‟死にたがり”
パイロットながら整備員顔負けの整備技術を持っており、その気になれば1人で飛行機を丸々設計できる。
美人だが表情の変化が乏しく、レーコ少尉に「オーラが可愛くない」と言わせるほど。

カノー

20代後半の男性で、コロウの所属する部隊『空咲』の隊長。
隊長としての手腕はトップクラスで、『空咲』部隊の異常な死亡率の低さからついたあだ名は‟死なさずのカノー”
だからこそ優秀なくせになにかと死にたがるコロウを気にかけている。
圧倒的なリーダーシップ性を持っていて、それでいて部下からの信頼も厚い、まさに隊長として理想の人物。

レーコ

『空咲』部隊の2大エースの1人で、コクト国軍では第2位の撃墜数を誇る。
射撃の天才で、その腕前からついた異名は『魔術師』
以前は素行が最悪で数々の部隊を転々としていたが、カノーのところに来てからはその素行不良がピタリと止んだ。
コロウ曰く「如何いかにも優男やさおとこといった風のとんだおふざけ野郎」

ヨツガ

『空咲』部隊の2大エースの1人で、コクト国軍では第1位の撃墜数を誇る。
操縦の天才で、その腕前からついた異名は『風をつかめる男』
全コクト国軍で最も過酷な過去を持ち、自暴自棄になっていたところをカノーに救われた。
コロウ曰く「レーコ少尉と真逆の激シブな人」

あらすじ

ルシュウ軍との戦争で、絶望的なまでに追い込まれているコクト軍。
そんなコクト軍に1人の少女が入隊した。
少女の名はコロウ。
「死ぬため」に戦闘機乗りになったコロウが配属されたのは「死なさずの男」カノーが率いる部隊『空咲』
死にたがるコロウの思いに反し、『空咲』の仲間たちは彼女を「生」につなぎとめる。
終わりなき戦争の中で『空咲』と彼女がやがて辿り着く結末とは――。
美しくも儚い、極上の空戦ファンタジーがここに開幕。

感想

ラノベブロガーの夏鎖さんが激推したので読みました!
めちゃめちゃ面白かったので大満足です!
ありがとうございます!

まずはストーリーの感想から。
敗北は必至という状況の中、それでも懸命に立ち向かうコクト軍のパイロットたちを描いた空戦ファンタジー作品ですね。
「空で死にたい」と願うコロウと、彼女を死なせまいとする仲間たちの思いは正反対ですが、両者の間には不思議と家族のような雰囲気があり、読んでいて非常に温かい気持ちになりました。
また終盤になるにつれてコロウの過去や秘密がどんどん明かされていき、物語が加速度的に面白くなっていってましたね。
最後の方は水も飲まず夢中になって読みふけってしまいました笑
間違いなく今年の新作の中では上位に入る傑作です!

次にキャラの感想。
コロウもレーコもヨツガもかなりヘビーな過去を背負っていて、みんな癖がある人物でしたね。
だからこそその3人の長所を伸ばし、見事にまとめ上げたカノ―隊長の凄さは際立っていて、めちゃめちゃカッコいいと思いました。
こういう頼れるリーダーキャラ本当に大好きです笑
1巻完結でページ数も少ないのにここまでキャラを深掘りして、魅力的に描ける人はなかなかいないですよ……!
山藤先生が新作を出すなら是非読みたいですね!

最後に読みやすさ。
本作は「空戦日記」ということで、日記形式で物語が進んでいきます。
コロウ目線で淡々と事実が描かれる様子に最初は少し慣れないかもしれませんが、慣れたら一気に物語に引き込まれます。
クスッと笑えるようなシーンもちょくちょく挟まれていて、十分読みやすいと思う作品でした!
僕みたいに空戦ものをあまり読んだことがない人でも楽しめるので、未読の方は是非読んでみてください!

総合評価

ストーリー
★★★★★★★★★
9/10
キャラ
★★★★★★★★★★
10/10
読みやすさ
★★★★★★★★
8/10

こんな人におすすめ!

空戦ファンタジーが好きな人
頼りがいのある男キャラが好きな人
1巻で綺麗にまとまっている作品が好きな人

今回はGA文庫様より『コロウの空戦日記』について書かせていただきました!
最後まで読んでくださりありがとうございました!
この作品が気になった方は下のリンクからお買い求めいただけると幸いです。

電子はこちら⇩

コロウの空戦日記
《この隊では、お前がどう死ぬかは俺が決める》 “死にたがり”の天才少女パイロットは“死なさず”の隊長のもと、戦場の空を舞う! 「死はわたしの望むところだ。私は“死にたがり”なのだから」 あまりにも無為な戦争の、絶望的な敗勢の中で、とある事情から「…

はこちら⇩

コメント

タイトルとURLをコピーしました