雑談 「初めてライトノベルのコミカライズを買いました」

雑談

皆さんこんにちは、リュウです。
今回は2回目の雑談記事です。
1回目と同じくのんびり書いていこうと思います。

では早速本題から。
今日Amazonから1冊の漫画が届きました。
それがこれ、『さよなら異世界、またきて明日』です。

こちらの作品は、風見鶏先生が富士見ファンタジア文庫様より出されている同タイトルのライトノベルをコミカライズしたものです。
僕は正直ライトノベルのコミカライズに全く興味が無く、今まで1冊も買ったことがなかったのですが、流石にこの作品だけは別なので買いました。
というのも僕がそもそもブログを始めたきっかけがこの『さよまた』なんですよね。
この作品本当に好きで好きで大好きだったのですが、残念ながら2巻で打ち切られてしまいまして……
当時の僕は冗談抜きにショックで寝込みました。
そして「少しでも打ち切り作を減らす」という目標のもと、始めたのがこのブログです。
……まあその時ははてなブログを使ってたり、ラノベ以外のことも書いてたり、見てくれる人が皆無だったりして今とは大分違ってたんですけどね(苦笑)
それでもなんだかんだワードプレスに移行してから8ヶ月くらい経って、今ではそこそこの人が見てくれるようになったので、だんだんと目標に近づいてきた気はします笑(目標達成まであと三千里くらいはありそうですが)
ちなみに過去3回書いたさよまたの記事は拙すぎて今は全て消したり非公開にしてますが、8月に同作者さんの『いせこー』と合わせて4回目の記事を書く予定なので、楽しみにしていてください!

まあ僕のお話はこのあたりにして肝心のマンガのお話をしましょう。
結論から言うと「マジで買ってよかった」です。
いや神でした。本当に。
特にkesima先生のニト(本作のヒロイン。ハーフエルフ。可愛い。)がヤバいっすね……
もうなんか語彙が可愛いで埋め尽くされるくらい可愛かったです。
絵を描いているニト、ケースケに飯テロをくらうニト、お腹が鳴ったのをしゃがんで隠すニト、ケースケの料理に目を輝かせるニト、大きい音に備えてサッと耳を塞ぐニト、拗ねるニト、ケースケに頼みごとをするニト、ケースケと一緒に料理をするニトetc……
いや~にもし先生のニトこそが至高だと思ってたのですが、kesima先生のニトも全然負けてないっすね!
文字だけであんなに可愛かったのに絵になっちゃダメですよ!
何度も言いますが本っ当に可愛かったです!!!
もちろんケースケもヴァンダイクさんもカッコよかったですよ!
ヴァンダイクさんみたいな渋いオッサンキャラは大好物です笑
そして表紙をめくったところにだけ描かれているあのキャラ……
いや~彼女がいつ登場するか楽しみでしょうがないです!
あとストーリー的には原作1巻のちょうど真ん中(2章)まで描かれていましたね。
原作1巻の3章以降も大好きなので早くコミカライズしてほしいです……!
まだまだ語りたい部分はありますが、これ以上語ってしまうとブラウザバックされてしまいそうなので今回はこの辺で……
この作品が気になった方は、下のリンクからお買い求めいただけると幸いです!
(コミカライズがめちゃめちゃ売れれば原作3巻が出るかもしれないので何卒……何卒……)
原作が好きな方も未読な方もきっと楽しめますよ!
超超超おすすめの作品です!

さよなら異世界、またきて明日1
心温まる終末異世界ロードムービーファンタジー、第1巻! 心温まる、 終末異世界ロードムービーファンタジー開幕! 人類とその文明が結晶化し、 滅びかけている異世界に迷い込んでしまった 現代日本の高校生・ケースケは、 ハーフエルフの少女・ニトから …

 

一応原作の購入リンクも張っておきますね。

さよなら異世界、またきて明日 旅する絵筆とバックパック30
旅に出よう、君を助手席に乗せて。この滅びかけた異世界で。 滅びかけた異世界に迷い込んだケースケは、ハーフエルフの少女・ニトと出会う。彼女の母親が遺した手帳に描かれた“黄金の海原”を探し、二人は辛うじて生き残った人々たちとの出会いと別れを重ねてゆく…

最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました