おにロリ好き大歓喜の1冊 『狼と羊皮紙』を紹介させていただきます。

ラノベ紹介

皆さんこんにちは、リュウです。
今回は電撃文庫様より『狼と羊皮紙』について書かせていただきます。

『狼と羊皮紙』ってどんな作品?

『狼と羊皮紙』は著者「支倉凍砂はせくらいすな」、イラストレーター「文倉十あやくらじゅう」で贈られる、ロードノベルです。

著者の支倉凍砂先生は他にも、同じく電撃文庫様より前作となる『狼と香辛料』や、『マグダラで眠れ』などの作品も出されています。
※以下書影をタップすればBookwalkerさんのページに飛ぶことができます。

『狼と香辛料』について紹介している記事はこちら

イラストレーターの文倉十先生は他にも、ガガガ文庫様より発売されている『こうして彼は屋上を燃やすことにした』や、富士見ファンタジア文庫様より発売されている『グロリアスハーツ』などのイラストも担当されています。

メインキャラを4文でサクッと紹介

コル

本作の主人公で、25歳くらいの青年。
幼少期から勤勉で真面目な性格をしており、立派な聖職者を目指している。
それ故に今の堕落した教会には危機感を覚えており、神の教えを正すため1人で旅に出ることに。
禁欲の誓いを律儀に守っているため女性経験が皆無で、とてつもなく女性に弱い。

ミューリ

本作の主人公で、推定12~13歳の少女。
前作主人公のロレンスとホロの1人娘で、コルとは兄妹のような関係。
灰に銀粉を混ぜたような不思議な色の髪、母親のホロと同じ狼の耳と尻尾を持っている。
天真爛漫で、真夏の太陽のような明るい少女。

ハイランド

整った容姿をしている、ウィンフィール王国の貴族様。
コルと同じく教会の腐敗に心を痛めており、その現状を変えるため「聖典の俗語版を作る」という計画を立てている。
コルからの信用も厚く、また自身もコルのことを高く買っている。
貴族ではあるが決して軟弱者ではなく、時には商人顔負けの忍耐強さや、意地の悪さを見せることも。

あらすじ

立派な聖職者になるため、恩人であるロレンスが営む『狼と香辛料亭』を旅立った青年・コル。
だが旅立ったのは彼一人ではなく――。
なんと彼の荷物の中には狼の耳と尻尾を持つ可愛らしい少女・ミューリが潜んでいた。
お転婆な少女と真面目な青年。
‟狼”と‟羊皮紙”の世界を巡る二人旅がここから始まる――。

感想

前作『狼と香辛料』が大好きだったので読みました!
めちゃめちゃ面白かったので大大大満足です!

まずはストーリーの感想から。
聖職者を夢見る青年・コルと、自由奔放な少女・ミューリの2人が共に旅をするロードノベルですね。
『狼と香辛料』と同じく、主人公たちがトラブルに巻き込まれ、それを解決するという流れで物語が進むのですが、前作主人公のロレンスと今作主人公のコルは立場や思考、目指すものが違うのでとても新鮮に感じられました。
あと思ったよりラブコメしてましたね笑
一途にコルのことを想うミューリに対し、その気持ちに全く気付かないコル。
コルが鈍感すぎてミューリがなかなかに不憫でした笑
でもだからこそ、2人のやり取りは読んでいてとても微笑ましかったですね。
やっぱおにロリしか勝たんですわ。

次にキャラの感想。
勤勉でいつも献身的にロレンスとホロのサポートをしていたコル坊が、その性格はそのままに立派な青年へと成長していて、全僕が泣きました。
うう……本当に立派になったねコル……(元々立派だったけれども)
そしてそんなコルを振り回す本作のメインヒロイン・ミューリ。
「兄様兄様!」と天真爛漫で元気いっぱいな彼女ですが、ホロの子らしく策士めいたこともしており、コルを翻弄していたのが印象的でした。
コルに対してちっちゃな独占欲的なものも抱いており、コルに近づく女には「ふしゃあぁぁぁ!」という感じで威嚇していたのも可愛かったですね。
とにかく最高に尊いコンビでした。

最後に読みやすさ。
『狼と香辛料』を読みづらかったと言うわけではありませんが、『狼と香辛料』よりもだいぶ読みやすかったと感じました。
あちらは商人と商人によるバチバチの頭脳戦が繰り広げられていましたからね。
こちらの方が構図がシンプルだったので、スッと内容が頭に入ってきました。
頭を使う作品はあまり好きじゃないという方でも、問題なく読めると思います!

総合評価

ストーリー
★★★★★★★★★
9/10
キャラ
★★★★★★★★★★
10/10
読みやすさ
★★★★★★★★★

9/10

こんな人におすすめ!

『狼と香辛料』が好きな人
おにロリが好きな人
ロードノベルが好きな人

今回は電撃文庫様より『狼と羊皮紙』について書かせていただきました!
最後まで読んでくださりありがとうございました!
この作品が気になった方は下のリンクからお買い求めいただけると幸いです。

電子はこちら⇩

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙
『狼と香辛料』、ついに新シリーズ開幕! ホロとロレンスの娘ミューリの旅の物語。 聖職者になる夢を志す青年コルは、恩人のロレンスが営む湯屋『狼と香辛料亭』を旅立つ。ウィンフィール王国の王子に誘われ、教会の不正を正す手伝いをするのだ。そんなコルの荷物…

はこちら⇩

コメント

タイトルとURLをコピーしました