詐欺を以て悪を討つ爽快スト―リー! 『詐欺シスター』を紹介します。

ラノベ紹介
リュウ
リュウ

皆さんこんにちは、リュウです。
今回は講談社ラノベ文庫より『詐欺シスター』を紹介します。

『詐欺シスター』ってどんな作品?

『詐欺シスター』は著「彩月レイ」、イラスト「珀石碧」で贈られるファンタジー作品です。

著者の彩月先生は他にも、電撃文庫様より『勇者症候群』を出されています。
※以下書影をタップすればBookwalkerさんのページに飛ぶことができます。

イラストを担当された珀石碧先生は他にも、富士見ファンタジア文庫より発売されている『私、救世主なんだ。まぁ、一年後には死んでるんだけどね』や、HJ文庫より発売されている『アストラル・オンライン』などの作品のイラストも担当されています。

この作品について詳しく紹介している記事はこちら

メインキャラを3文でサクッと紹介

レイチェル

本作の主人公で、美しい金の髪を持つ教会のシスター。
ある理由から何よりも「お金」を重要視している。
天使のような微笑みとは裏腹に性格はかなり腹黒く、他の人間からは「悪魔」と恐れられている。

セイラ

武器屋を営んでいるごくごく普通の少女。
代々受け継いできた魔法石を冒険者に奪われ、この世を去ろうとしていた時にレイチェルと出会った。
レイチェルとは反対に、優しすぎると呼ばれるレベルの善人。

ソーイ

レイチェルと同じ詐欺師で、貴族の息子に成りすまして最終的に実家ごと乗っ取る「成りすまし詐欺師」
レイチェルの美しさに一目惚れし、それ以来彼女にストーカーまがいのことを繰り返している。
悪徳詐欺師ではあるが性格は明るく、あまり悪人といった感じはしない。

あらすじ

そのシスター、「聖女」か「悪魔」か――?

第15回講談社ラノベ文庫新人賞受賞作!!!!!!

剣と魔法が存在する世界。武器屋の娘・セイラは悪徳冒険者によって、迫害の憂き目に遭っていた。

しかし、冒険者は治外法権の存在。店を荒らされようとも暴力を振るわれようとも、泣き寝入りするしかなかった。大切な魔法石を奪われ、絶望に沈んだまま自らの命を捨て去ろうとするセイラ。

しかし、そんな彼女の前に月光とともにひとりのシスターが現れ、こう言い放つ。

「――取り戻したくはないのですか? その魔法石を」

レイチェルと名乗ったシスターは”嘘”と”策略”を駆使して、あっという間に冒険者から魔法石を取り返して……!
第15回講談社ラノベ文庫新人賞受賞作、悪徳シスターのコンゲーム・ファンタジー!

Amazonより引用

感想

まずはストーリーの感想から。
本作は美しいシスターのレイチェルが知恵と策略を駆使し、暴虐の限りを尽くす冒険者たちを成敗していくファンタジー作品です。
この世界における「冒険者」という存在が大分えげつなく、なんと治外法権の存在なんですよね。
つまり何をしたとしても罪に問われませんし、ダンジョンに潜ってる分魔力や筋力も常人よりずっと強いので、力で無理やり止めることもできません。
仮にダンジョン内で死んだとしてもそこで終わりではなく、自動的に教会にワープするので、そこでシスターの要求する金額を払えばまた生き返ることができます。
……いや冷静に考えるとやっぱヤバいですね。善良な市民たちは泣き寝入り確定です。
といった感じで「冒険者」というのはまあエグい存在なのですが、実は「シスター」も同じくらいエグいです。
先ほど「冒険者はシスターの要求する金額を払えば生き返ることができる」と書きましたが、この金額はシスターが自由に決めることができますし、なんと上限が存在しないです。
つまり法外な値段を吹っ掛けることができるわけで……。
実際レイチェルは2000Gで蘇生できるところを3000000さんびゃくまんG要求しています。
足りない分は借用証書を書かせることで生涯にわたって取り立てることもできますし、利息も自由自在に設定することができます。(レイチェルは1月で1割の利息を付けていました。悪魔か?)
ここら辺だけ読むと「詐欺シスター」というより「ぼったくりシスター」という感じですけど、しっかり詐欺師っぽく騙すシーンもあるのでそこはご安心ください。
設定や世界観で少々ツッコミたい部分もありましたが、全体的な流れとしては、悪を騙して懲らしめるというシンプルなものですので、爽快感のある良いストーリーに仕上がっていたと思います。
前半でレイチェルに助けられたセイラが、後半でソーイと共にレイチェルを助けようとする展開もかなり熱く、面白かったですね!
読んでて楽しかったです!                                                                                                  

 

次にキャラの感想。
レイチェルはラノベの主人公にしては珍しい「お金大好き腹黒キャラ」ですけど、お金をむしり取る相手が傍若無人な冒険者たちなので、ヘイトは全然たまりませんでしたね。
後半に行くにつれてレイチェルの過去が明かされたりして、彼女に対して共感や同情の気持ちが生まれたのも大きかったと思います。
セイラは正直度が過ぎるレベルの優しさを持っているので読んでいるこちらが不安になったりもしましたけど、レイチェルと2人でコンビとして見れば良いバランスに収まっていたので、とても良かったなと思いました。
ソーイも最初はよくわからないキャラでしたけど、読み終わるころにはかなり好感が持てましたね。
全キャラ個性があって、すごく良いなって思いました。

最後に読みやすさ。
文章は読みやすいと思いましたが、物語後半の騙し合いが少し複雑で想像し辛かったですね。
まあ僕の読解力が低いせいかもしれませんが……。
ページ数的には300程度なので、気になった方は是非読んでみてください!

総合評価

スト―リー
★★★★★★★
7/10
キャラ
★★★★★★★★
8/10
読みやすさ
★★★★★★
6/10

こんな人におすすめ!

可愛くて強かな女の子が好きな人
悪VS悪の戦いが好きな人
女の子同士の熱い友情が好きな人

リュウ
リュウ

今回は講談社ラノベ文庫より『詐欺シスター』について紹介しました!
最後まで読んでくださりありがとうございました!
この作品が気になった方は下のリンクからお買い求めいただけると幸いです。

詐欺シスター
そのシスター、「聖女」か「悪魔」か――? 第15回講談社ラノベ文庫新人賞受賞作!!!!!! 剣と魔法が存在する世界。武器屋の娘・セイラは悪徳冒険者によって、迫害の憂き目に遭っていた。 しかし、冒険者は治外法権の存在。店を荒らされようとも暴力…

コメント

タイトルとURLをコピーしました