年末恒例企画! 「2023年読了ラノベベスト10」を紹介します!

ランキング
リュウ
リュウ

皆さんこんにちは、リュウです。
今回は年末ということで、今年読んだ約230冊のライトノベルから最高の10冊を紹介します!
是非最後までご覧ください!
※微ネタバレありです。
※古めの作品も入ります。

ではではランキングへレッツゴー!

第10位

リュウ
リュウ

第10位に輝いたのは『勇者刑に処す』の4巻です!

 世界を脅かす存在・〈魔王〉と人類最悪の犯罪者集団・〈勇者〉の熾烈な戦いを描くダークファンタジーの第4弾。
毎巻毎巻本当に面白いのですが、特にこの4巻は格別でしたね。
それぞれの個性と強みを活かしながらそれぞれの戦場で魔王を相手にする勇者たちが最高にカッコよく、特にジェイス&ニーリィVSシュガールの空中戦はテンション上がりまくりました。
アニメ化も決定していますし、今後どんどん面白くなることがほぼ確定している作品なので、ダークファンタジーが好きな方は是非今のうちに読んでみてほしいです!
勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録IV
聖女を旗頭に第二王都奪還作戦の幕が上がる。壮絶な全面戦争の行方は――  魔王現象たちが占拠する第二王都ゼイアレンテ攻略のため、商人に偽装し王都内へ潜入するザイロたち工作部隊。  内部から破壊工作を画策するが、侵入を予期していたアニスら魔王現象の妨…

第9位

リュウ
リュウ

第9位に輝いたのは『第七魔王子ジルバギアスの魔王傾国記』の1巻です!

前世の記憶を保持したまま第七魔王子・ジルバギアスに転生した元人間の勇者・アレクサンドルが、魔族を滅ぼす力を手に入れるため、魔族の国で正体を隠しながら奮闘するダークファンタジー
この作品も全巻面白いのでどれをピックアップするか迷いましたが、今回は1番衝撃的だった第1巻を選びました。
この作品何がエグイって、ジルバギアスが魔族として強大な力をつけるためには、元同胞である人間を殺さなきゃいけないんですよね。
人間を守るため、魔族を滅ぼしたい。だけどそれを達成するには人間を殺さなきゃならないという矛盾が、この作品の1番の魅力であり見どころだと思います。
人間であり魔族であるジルバギアスの復讐が一体どのような結末を迎えるのか、今後の展開が非常に楽しみな作品です。
第七魔王子ジルバギアスの魔王傾国記I
蹂躙せよ。魔族を。人を。禁忌を。 魔族に故郷を滅ぼされた勇者・アレクサンドルは、魔王と対峙するも為す術なく殺される。しかし、死んだはずのアレクが目を覚ますと、自らを殺した魔王の息子、第7魔王子・ジルバギアスとして生まれ変わっていた。 魔王に逆襲す…

第8位

リュウ
リュウ

第8位に輝いたのは『異世界拷問姫』の6巻です!

壮絶な死を迎えたのち、「拷問姫」エリザベートによって異世界へ召喚された青年・瀬名櫂人。そんな彼がエリザベート、そして機械人形のヒナと共に世界を救済するため戦うダークファンタジーの第6弾。
第1部の完結巻ですね。
自己犠牲を貫こうとする櫂人の選択、そしてそれに対するヒナの選択で涙腺をボロボロにされました
1番泣けるタイミングで表紙絵を挿絵として登場させるのズルすぎますよ……。
そしてその後に不意打ちでまさかのタイトル回収が行われるんですよね。
もう感動と衝撃で情緒が意味わからないことになってました。
個人的に『異世界拷問姫』を代表する1冊だと思ってます。
異世界拷問姫 6【電子特典付き】
コミック2巻同時発売! 世界に断罪されし少女と愚鈍な従者の物語、第六弾 「今だけは俺が王だ。盲目的に、俺に従え」 かつて異世界で無意味に死んだ少年・瀬名櫂人は狂王と化した。 ――たった一人の女を救うために。 神と悪魔に囚われた『拷問姫』の代理とし…

第7位

リュウ
リュウ

第7位に輝いたのは『世界救い終わったけど、記憶喪失の女の子拾った』の2巻です!

魔王を倒して世界を救った勇者が記憶喪失の女の子と出会い、かつてのパーティーメンバーを訪ねながら少女の秘密を探る旅に出るファンタジー作品の第2弾。
5人いるヒロインのうち、ハーフエルフの賢者ちゃんにスポットライトが当たった巻ですね。
想像以上に重たい話でしたけど、賢者ちゃん推しの僕にとっては本当に本当に最高の1冊でした。
勇者くんと賢者ちゃんの出会い、共に旅に出るまでの過程が丁寧に描かれているので、1巻よりも更に2人に感情移入してしまって、中盤以降はもうずっとボロ泣きしてました。
世界を救った「勇者」と、たった1人の女の子を救った「勇者
過去に道を違えた2人が手を取り合って挑んだラストバトルは、言葉では言い表せないほどに良かったです。
3巻出てくれませんかねぇ……。
世界救い終わったけど、記憶喪失の女の子ひろった2【電子書籍限定書き下ろしSS付き】
【電子書籍限定書き下ろしSS】付き! 「この世で最も厄介な敵は自分自身ですねぇ」 最強賢者の秘められた過去を探れ! リライフ・ファンタジー第2弾開幕! 10万字超の大幅加筆!&コミカライズも進行中! 巻末収録書き下ろしSS「賢者ちゃんと愉快な…

第6位

リュウ
リュウ

第6位に輝いたのは『七つの魔剣が支配する 煉獄の記』です!

後に生徒最強と謳われ、「煉獄」の異名で呼ばれる男・ゴッドフレイの成長と青春を描いた外伝作品。
発売前からずっと「ゴッドフレイ先輩の過去編読みてぇ」と思っていたので期待値MAXで読み始めたのですが、余裕でそのハードルを越えてくれましたね。
やっぱ推し×過去編=神です。
カルロスとゴッドフレイの無二の相棒感は最高でしたし、オフィーリアもこの時はまだまだ元気ですごく可愛いかったですね。
でもそれだけに、彼らの未来の姿を思うとめちゃめちゃ辛くなります。
もう絶対本編3巻は読めないです……。耐えられない……。
上級生組が好きな僕にとってはたまらない1冊だったので、是非2巻も出てほしいです。
七つの魔剣が支配する Side of Fire 煉獄の記
学生統括ゴッドフレイ。後に「煉獄」と呼ばれる男の、苛烈なる青春の軌跡。 ★アニメ化決定の魔法学園ファンタジー初の外伝小説!★ オリバーたちが入学する五年前。魔法使いの家に生まれながら落ちこぼれと蔑まれた少年・ゴッドフレイの人生は、ひとつの報せに…

第5位

リュウ
リュウ

第5位に輝いたのは『公園で高校生達が遊ぶだけ』です!

高校生達の日常をゆる~く描いた短編集
タイトル通りただ公園で高校生達が遊ぶだけなのですが、それがとにかく面白い。
まさに天才の1冊ですね。
高校生達の何気ない会話がこれ以上なく軽妙にテンポよく展開されていくので、読んでいて本当に心地いいです。
平均して1本約15ページくらいの短編が15本入っている構成になっているので、気楽に隙間時間とかでキリの良いところまで読めるのもすごく魅力的ですね。
人を選ぶタイプの作品ではなく、誰もが十分に楽しめるタイプの作品だと思っているので、未読の方は是非読んでみてください。
特に5話の「サボテンと交換日記」、7話の「幽霊になって君をしばく」の2本は、個人的に超お気に入りです!
公園で高校生達が遊ぶだけ
「とりあえず吾妻の中で、わたしを可愛さピラミッドの頂点に設定するといいよ。そうすればわたしを通して“可愛い”がわかる」「瀬川を可愛さピラミッドの頂点に設定すると、具体的にどうなるんだ?」「わたしに似てれば似てるものほど、吾妻は可愛いと認識しだすよ…

第4位

リュウ
リュウ

第4位に輝いたのは『Unnamed Memory』の3巻です!

呪われし王太子・オスカーと世界最強の魔女・ティナーシャの2人によって紡がれるファンタジー作品の第3弾。
事前に「アンメモ3巻はヤバい」「アンメモ3巻には気を付けろ」等のコメントをFFの方から頂いていたのですが、そんな警告が意味をなさないほどに衝撃的な1冊でした。
読了後はもうずっと放心してましたね……。
この美しい表紙と「永遠を誓いし果て」というサブタイトルがまたなんとも……。
アニメ化も決まってますし、アニメをキッカケにアンメモにハマって、この3巻で悲鳴をあげる人が増えると思うと今から楽しみですね笑
リアルタイムで読みたかった」という気持ちと、「リアルタイムで読まなくてよかった」という相反する気持ちが同時に生まれた珍しい1冊です。
Unnamed Memory III 永遠を誓いし果て
魔女の一人と、ある王族の運命に纏わる長い御伽噺。 オスカーの呪いも解かれ、契約終了まであと三ヶ月。自分の心に迷うティナーシャの前に、新たな魔女の刺客が現れる。「呼ばれぬ魔女」レオノーラの狙いは、契約者であるオスカーの方で――。国を巻き込んでの魔女…

第3位

リュウ
リュウ

第3位に輝いたのは『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の10巻です!

出会いを求めて迷宮都市オラリアにやってきた駆け出し冒険者の少年・ベルが、様々な危機や苦難を乗り越えながら成長していくファンタジー作品の第10弾。
アニメ未視聴だったのでフェルズの最後の魔法でボロ泣きしました……。
理知のあるモンスター「異端児ゼノス」との交流を経て、モンスターと人類のどうしても埋まらない溝に葛藤するベルくん。
そんな彼が最後に「愚者」になることを覚悟して選んだ選択がもう本当カッコいいんですよ……!
憧れの人と敵対して、自身の立場をどん底に落としてまで異端児のために戦う姿は間違いなく「愚者」であり「英雄」でした。
読んでいて辛く、苦しい場面も多くありましたが、ダンまちの中でも特に大好きな1冊です。
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10
大森藤ノ×ヤスダスズヒトが贈る、圧倒的ダンジョンファンタジー、第十弾! ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ 理知を備えるモンスター『異端児(ゼノス)』との邂逅も束の間、ベルはウィーネと引き離されてしまう。 懊悩の日々に埋もれるベルだった…

第2位

リュウ
リュウ

第2位に輝いたのは『創成魔法の再現者』の3巻です!

貴族が代々継承する一子相伝の固有魔法、「血統魔法」の有無によって魔法使いのあらゆる価値が決まる世界。血統魔法を持たなかったために追放された少年・エルメスが、あらゆる可能性を秘めた魔法「創成魔法」に出会うところから始まるファンタジー作品の第3弾。
いわゆる「学園編」が始まる巻ですね。
落ちこぼれや問題児が集まるB組に転入したエルメスが、傲慢なエリート集まるA組とのクラス対抗魔法戦に挑む、というのが主軸のお話なのですが、これがもうとにっかく熱いストーリーで面白かったです。
どうせ勝てないと最初から諦めているクラスメイトたちが、エルメスの影響を受けて段々と立ち上がる姿には涙腺をやられましたね……。
プライドの高いアルバートが、それを捨ててエルメスに頭を下げるところは何度読んでも泣けます。
友情努力勝利という3つがよく表れている1冊で、終盤にいくにつれてどんどんテンションが高まっていきました。
王道ファンタジーが好きな方は是非ともこの3巻まで読み進めてほしいです……!
創成魔法の再現者 3 魔法学園の聖女様 〈上〉
――キミ。本当はものすごく強いよね? ユルゲンから密命を受け、貴族が通う王立魔法学園へ入学したエルメス。とある事情で『原初の碑文(エメラルド・タブレット)』の使用を禁じられたエルメスは、家格や魔法に難ありの問題児が集まるBクラスへと配属される。実…

第1位

リュウ
リュウ

そして栄えある第1位に輝いたのは、『15歳のテロリスト』です!

すべて、吹き飛んでしまえ
突然の犯行予告の後に起きた新宿駅爆破事件。
しかし容疑者に挙がったのは、まだたった15歳の少年だった――。
という内容のミステリ作品。
250ページとは思えないほど濃密に描かれた重厚なストーリーと、徐々に明かされていく衝撃的な真実に心を揺さぶられまくりました。
衝撃、そして感動という点では2023年に読んだ作品の中で1番だったので、今回はこの作品を1位に選出しました。
少年犯罪少年法をテーマにしているので一見堅そうに思えますが、松村先生の繊細な文章のおかげでサラサラと読み進められます。
一体なぜ少年はテロリストになったのか。
何が彼をここまでの凶行に駆り立てたのか。
気になった方は是非読んで確かめてみてください……!
1巻で完結していますし、本当に本当におすすめの1冊です!
未読の方は是非!
15歳のテロリスト
なぜ少年はテロリストになったのか――衝撃と感動が迫りくる慟哭ミステリー 「すべて、吹き飛んでしまえ」  突然の犯行予告のあとに起きた新宿駅爆破事件。容疑者は渡辺篤人。たった15歳の少年の犯行は、世間を震撼させた。  少年犯罪を追う記者・安藤は、渡…
リュウ
リュウ

ということで今回は、2023年に読んだ約230冊のライトノベルの中で自分が最高だと思った10冊を紹介しました!
どれもおすすめの作品ですので、少しでも気になった方は是非チェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました